etoile studio

いざ、注文へ -自作パソコン失敗体験記 第11回-

やめときゃ良かった自作パソコン・・・。

やめときゃ良かった自作パソコン・・・。

パーツ選ぶときは相性問題などで頭を悩ませたり、組み立てるの面倒だからメーカー製のPCで済ませたいとか不安になったりしたものの、いざ購入が決まって注文ボタンを押すと、後は早く組み立てたいという思いが強くなる。

ツクモで注文。やっぱり仕事で使う物だから、多少値が張っても大きめのディスプレイにしておけば良かったかなと若干後悔、そこへIIYAMAのディスプレイが品切れということで、24.1の三菱のディスプレイをamazonで購入。

12万円くらいする高価なHDTV対応のマルチメディアディスプレイだけれど、どこの店舗でも売上1位の液晶ディスプレイとなっている。5%のポイント還元で実質118,000円。レビューを見るとゲーム用ディスプレイで好評とのことだけれど、PCでも使える。でも色々口コミレビューを読んでいると、ウェブブラウジング用には大きすぎるとの意見も。消費電力は110W。

結局30万円使ってしまった。これならメーカー製の30万円買った方が地デジチューナーも付いてるしリーズナブルだったんじゃないかとも思ったが、自作だから将来的にはコストパフォーマンスになるし、パーツのアップグレードも出来るから良いかと割り切る。