etoile studio

iMacにWindowsで言うところの「マイドキュメント」はあるの?

iMacのマイドキュメントはどこにあるのか。

iMacのマイドキュメントはどこにあるのか。

iMacのファイルに関する事柄は、Windowsと比べて大きく異なる。まずiMacを初めて立ち上げて、どこにマイドキュメントがあるのかをWindowsユーザーは探してしまう。フォルダらしきアイコンは見当たらない。そこでDockと呼ばれる、画面下にずらっと並んでいるアイコンから一番左端のマックの顔アイコンをクリックしてみると、Windowsで言うところのマイドキュメントらしき項目が出てきた。

画面下のDockのスペース一番左に顔のアイコンがある。これがファイルにアクセスするためのFinderと呼ばれるアプリだ。

画面下のDockのスペース一番左に顔のアイコンがある。これがファイルにアクセスするためのFinderと呼ばれるアプリだ。

しかしどちらかというと、この機能はWindowsのエクスプローラーに似ている。どこにファイルがあるのかをピクチャやミュージック、ダウンロード、マイドキュメントなどでフォルダ分けして表示していたあの機能だ。

よくみると、「マイファイル」という項目はあるが、どうも最近新しく保存したファイルが取り留めもなく分類もされずに並んでいるだけのように見える。実際マイファイルの項目は、Magic Trackpadを長押ししても、新規フォルダを作成できないようになっているから、その通りなのだろう。

iCloud Driveという項目はiPhoneやiPad Proでお馴染みだ。このフォルダにファイルを入れると、デバイス間でファイルを共有できるが、容量に制限がある。容量を増やすのは有料。やはりWindowsと違う。

iCloudの項目には、書類やデスクトップの項目もある。ここに入れるとファイルが共有できるが、無料の容量制限がすぐにいっぱいになるので、まとまった数の大きなデータは入れたくない。

iCloudでは無い項目は、アプリケーションやダウンロードがあるが、ここに個人的なファイルを入れるのもおかしい。ハードディスクのアイコンからツリー式にフォルダを辿って行こうかとも思ったが、それらしき機能も見当たらない。プログラムファイルなどのアクセスしても無駄なファイルに到達できないような設計なのだろうか。それはそれで素晴らしい。

というわけで、検索欄から、iMacを初めて電源を入れた時に設定したユーザー名を入力した。そうしたら一発で探していたフォルダたちが出てきた。Windowsで見慣れたピクチャやミュージック、ムービー、ダウンロードなどのフォルダがある。

早速Magic Trackpadを二本の指で長押しして、新規フォルダを作成し、名前をドキュメントにする。せっかくのiMacなのだから、Windowsと同じではなく気の利いたファイル名にしようかと思ったが思いつかない。時間もないのでファイル名ドキュメントで決定。

一眼レフデジカメで撮影したRAWデータもシャレにならないくらい大容量なので、iCloud Driveに入れるわけにもいかず、これはNASに保存すべきなのかとか、外付けハードディスクに保存するスタイルに変える必要があるのだろうか、アップルはそういうPCライフを要求しているのか3TBに増設したの無駄だったかなその1万円で外付けハードディスク買ったほうがよかったかなとも訝ったが、ピクチャフォルダ内にPhotoフォルダを作成して入れることで解決。

文章系のファイルだけは、iCloud内のフォルダに保存できるようになっているので、これは変更しないことにした。いろんなデバイスで文章を確認できるのはとても便利だ。

画面上部のメニューバーから「移動」を選ぶと、主要フォルダにアクセスできる

メニューバーの「移動」から主要フォルダにアクセスできた。盲点。

メニューバーの「移動」から主要フォルダにアクセスできた。盲点。

iMacは画面上部のメニューバーに、メインで実行中のアプリメニューが表示されるようになっている。Photoshopを使用中ならフォトショップの、Safariを使用中ならSafariのメニューが、画面上部のグレーの細長いバーに表示される。

初めてのiMacだったので、このメニューバーを見落としがちだった。先ほどパソコン名を入れたら、目的のメインフォルダが出てきたと書いたが、数日していろんなファイルを入れて、また目的のフォルダにアクセスする必要が生じたので、パソコン名で検索したら、なぜかバックアップから取り込んだ音楽ファイルがたくさん出てきた。しかもファイル名が文字化け。下の方にスクロールしたら、かろうじてホームアイコンが出てきて、クリッックして目的のフォルダに到達した。

この方法だと不便に感じたので、どこかにWindowsのマイコンピュターに相当するハードディスクアイコンはないかと探したが、出てこない。そこでふと気付いたのが、画面上部のメニューバーだ。

メニューバーから「移動」を選ぶと、お目当のフォルダ名が出てきた。コンピュータアイコンもあるが、余計なフォルダにアクセスしてプログラムファイルなどに誤作動を生じさせないためには、ホームアイコンをクリックするといいだろう。アプリケーションや、ピクチャ、ムービー、ミュージックフォルダなど主要フォルダにアクセスできる。

よくアクセスするフォルダは、左側のよく使う項目にドラッグ!

Finder左側のショートカットは、「よく使う項目」、「iCloud」、「デバイス」、「共有」と大きく分けられている。外付けハードディスクやカメラなどを使うと、デバイスの部分に、デバイス名が表示され、ファイルにアクセスできたり、デバイス名右に表示される三角アイコンをクリックして接続を解除したりできる。(ただし外付けデバイスをiMacにつなぐとデスクトップにアイコンが表示されるので、そこからアクセスした方が早い。)

よく使う項目のところに、右側からよくアクセスするフォルダをドラッグしてやると、ショートカットが追加される。Finderを立ち上げればすぐにお目当のフォルダにアクセスできるようになる。これでフォルダの件は解決!