etoile studio

コストパフォーマンスに優れたワイヤレスマウス、今まで使っていた純正マウス以上に使い勝手を最高にするには?

ワイヤレスマウスを自分の好みにあわせて使い勝手良く設定する方法がある。

年末の30日にNECのパソコンに付属していたワイヤレスマウスが壊れてしまった。右クリックが反応しない。かれこれ4年以上、仕事と趣味に毎日のように酷使し続けてきたので、消耗してしまったのだろう。

思い切り強く指で押せば反応するが、それでは使い勝手が悪い。いっそのことこれを機にiMacに買い買えようか、マウスが壊れたのは神様のお告げではないだろうかとも思ったが、高いし金欠気味だ。という事で、Amazonで良いマウスがないか検索してみることにした。最近何でもAmazonだ。

NECの純正マウスはないかと検索してみたが一件もヒットしない。昔はNECダイレクトで販売していたみたいだが、パソコンの純正備品にありがちで割高だったそうだ。そういえば純正のメモリもべらぼうに高いから、NECにしろiMacにしろ、皆安い互換品を購入している。

Amazonで検索すると、「ベストセラー1位」とか「アマゾンランキング対象」とかいった輝かしい勲章のようなタグで飾られた商品写真が出てくるが、レビューを見ていると、やはりマウスという製品の性質なのだろうか、評価が偏っているので、レビューがアテにならない。100個のうち5個は故障品に当たるというレビューを読んで、どうしたものかと迷う。これではどのマウスも買えないではないか。

たかがマウス、されどマウス。毎日使う物だから、壊れないきちんとした物を買いたい。色々検索してみたら、エレコムが年末で20%OFFセールをやっていた。

エレコム ワイヤレスマウス 3ボタン ピンク M-FIR08DRPN

レビューもそこそこ良いので、購入。夜の1時40分にAmazonから注文した。元々ディスカウントされていたが、更に20%OFFで、793円。

年間3,900円のAmazonプライムに加入しているので、Amazonプライムお急ぎ便が利用できる。翌日の夜7時に届いた。

速い速い。仕事で使う人なんかは、いざ何か壊れたというときには、Amazonプライムのお急ぎ便は非常に役に立つことだろう。年間3,900円でAmazonプライムビデオも見放題なので、充分に元が取れる。

さて肝心のマウス。なぜか白とピンクのツートーンで顔のイラストがプリントされた可愛いデザインにしてしまった。夜中だからおかしなテンションだったのだろうか。届いたので早速使ってみた。

ワイヤレスマウスの使い方

1.まずはパソコンの電源も動作可能になるまで完全に立ち上げる。

2.マウスには購入時に動作確認用の単三電池が既に内蔵されていて、裏側の蓋から飛び出している通電させないためのシートを引き抜く。

3.スイッチをオンにする。

4.マウスの裏側に小さなレシーバーが格納されているので引き抜いて、パソコンのUSB端子に射し込む。

これでOK。自動的にドライバがインストールされるので、面倒な設定は要らない。実際にすぐにマウスが動いた。

直前まで使っていたNECのマウスと比べて膨らみがあるが、時期に慣れそうな膨らみ具合ですぐに掌にフィットしそうだ。カーソルも速く動く。右クリックも左クリックも問題なし。

1つ難点があるとすれば、前に使っていたNECのマウスよりも、中央のホイールの周りにしこりを感じることだろうか。やや硬いように思う。まぁこれも使っている内に慣れるかこなれるかするかも知れない。

要はすべて慣れの問題か。年末なのに日付的に当日中に届けてくれたAmazonと宅配員に感謝。

パソコンのマウスの設定を変えたら使いやすくなったよ

中央のホイールが硬くて使い勝手が悪いかなぁと感じでいたのだけれど、パソコンの設定メニューから、マウスの設定を変更したら、全く問題なく使えるようになった。ホイールしたときのスクロール量が足りないと思っていたのだけれど、量を多くしたら、ホイールの動きの硬さが気にならなくなった。設定1つ買えるだけでマウスの感覚がこうも変わるのだから不思議。

一度にスクロールする行数を増やすと、一気に使いやすくなった。

後マウスの動きが少し速い感じがしたので、ほんの少しだけ遅くした。これで使い勝手が良くなった。ひょっとしたらマウスの初期設定がNEC純正マウス用だったのかもしれない。

これでお値段793円ならコストパフォーマンスに優れた商品だろう。とりあえずパソコン丸ごと買い換える必要がなくなったので、新年早々節約できた。